51e10d92ef29433889cab220405f54f1_m

スポーツと賃貸経営に共通するもの

Posted on Posted in for owner, Posts

スポーツと賃貸経営に共通するもの。それは事前準備。スポーツを行う前に入念なストレッチを行うように、賃貸経営においても、しっかりとした事前準備が必要です。賃貸物件の購入や建築前に行われる事前準備ですが、いざ管理運営が始まると後手に回りがちなのが空室募集。後手に回らない空室募集とは・・・。

<転居のお知らせを聞いて>

居住者から転居のお知らせを聞いて、それから募集の準備。そのように考えておられる大家さんも多いのではないかと思います。一言で募集の準備とは言っても、室内の不具合のチェック、空室清掃の手配や、近隣の不動産会社への募集依頼、実際の問い合わせ待ちなど、あっという間に日数が経過してしまいます。

空室期間は短い方がよいのは言うまでもありませんが、その対策とはどのようなものがあるでしょうか。
1.近隣の不動産会社への募集依頼をかける
2.不動産会社の営業マンへの動機づけを行う
3.リフォームを行う
4.家賃や敷金、礼金などの見直しを行う。
等々、その他にもたくさんの対策がありそうですが、これらの対策は空室時に行われることが多いようです。

<対策は先手を打つこと>

「備えあれば憂いなし」。空室が出る前の対策にはどのようなものがあるでしょうか?
(居住者向け)
1.居住者へのサービスを検討する
2.契約更新の特典を事前に居住者に告知する
3.更新費用を無償にする
(マーケティング)
4.常日頃からお部屋のアピールを広く行う
5.空室待ちの居住候補者を持つ
(知識理解の充当)
6.物件所在地の家賃相場を把握しておく
7.トレンドのリフォームや設備を理解しておく
まだまだ他にも準備しておくことがありそうです。

<現状のニーズの理解>

まっちぼーでは、空室時のみならず常時物件を公開しておくことができます。これは空室率低減に向けて大きなメリットになります。掲載物件に対してサイト利用者からの問い合わせがあれば、自身の物件の強みや弱み、一般的な現状ニーズの理解に繋がります。

<競争力を保ち、空室待ちに繋げる>

問い合わせや参照されている数が少ないと感じたら、他に掲載されている大家さんの工夫を参考にすることや、物件所在地付近の家賃相場などを理解し、見直すことで競争力を保つことに繋がります。所有物件の見直しを行い、その魅力を高めて、「空きが出たら教えてください」と依頼されるまでになれば、賃貸経営において強い安定感を生み出します。

<勘ではなく事実で>

勘に頼った賃貸経営ではなく、実際の問い合わせや他の大家さんの工夫例、物件所在地の家賃相場などの客観的事実を理解し、空室率低下を図っていきたいですね。

FavoriteLoading”お気に入り”に追加!