nayami03

契約の種類~大家さんと不動産会社間の契約

Posted on Posted in for owner, Posts

近隣の不動産会社へ募集依頼。そんなときに大家さんと不動産会社で交わされる契約にはいくつかの種類があります。今回、その種類を一覧表にまとめてみました。不動産会社との契約は空室募集の方法にも大きな影響があります。自分の意図とは違う契約を交わして、思わぬ損をしていませんか・・・。

  専属専任媒介 専任媒介 一般媒介
自己発見取引※1 △※2
可能な契約社数 一社のみ 一社のみ 複数可
契約期間 3ヵ月以内 3ヵ月以内 3ヵ月以内
契約期間内の自己取引 約定報酬相当額が発生 契約履行に向けた実費の発生 -
◆不動産会社の義務      
指定流通機構への登録 契約締結後5日以内 契約締結後7日以内 -
業務処理状況の報告 1週に1回以上 2週に1回以上 -

※1自己発見取引とは、大家さん自身で賃貸取引相手を探すことです。
※2専属専任媒介のとき、大家さん自身が見つけた賃貸取引相手と契約する場合でも、契約した不動産会社を仲介とする必要があります。

 ◆専属専任媒介及び専任媒介契約のメリット
専属専任媒介及び専任媒介契約では、大家さんが依頼できる不動産会社が一社に限定されます。不動産会社にとっては他社を気にすることなく、営業活動に専念できるメリットがあります。大家さんにとっても情報の窓口が一社に集約されるメリットがあります。

◆専属専任媒介及び専任媒介契約のデメリット
一方で、大家さんからも借主からも手数料を頂く目的で、依頼した不動産会社が他社へ情報を公開せずに自社で借り手を探そうとすることがあります。広く情報が公開されていない為に契約まで時間がかかったりするなど、大家さんにとって好ましくない状況に陥ることがあります。

 ◆信頼のおける不動産会社探し
信頼のおける不動産会社とのお付き合いがある場合、専属専任媒介や専任媒介契約を交わすことでより強固な信頼関係に至る場合もあります。しかし、そういった不動産会社とお付き合いのない状況では、一般媒介契約で複数の会社とお付き合いをしてみることも一考です。一般媒介契約でも信頼のおける対応をしてくださる会社を見極める時間を作れますし、また複数の会社が競争することで、空室期間の短縮に繋がる場合もあります。

◆大家さん自身の営業力強化
人口減少がすでに始まっている日本では、大家さん自身が所有物件周辺の市場を理解することや、現状の借り手のニーズを理解することはとても大切です。空室率の低減を図るにあたって、近隣の不動産会社の営業力を借りるだけではなく、大家さん自身が所有する物件の魅力を最大化し、物件の情報を発信できるツールを得るなどの工夫も必要な時代になってきているのではないでしょうか。

FavoriteLoading”お気に入り”に追加!